忍者ブログ

VIPセールのtyoshu

シャネル 文学の街、パリへのオマージュを込めて、セーヌ川沿いの風景を再現。

CHANELシャネル スーパーコピー 文学の街、パリへのオマージュを込めて、セーヌ川沿いの風景を再現。
カール・ラガーフェルドが2018-19年秋冬オートクチュールのインスピレーション源にしたのは、パリ。2015年春夏のプレタポルテコレクションでは、架空の“シャネル大通り”を作ったが、今回はグラン パレにセーヌ川沿いの風景を再現した。歩道には古本を売るブキニストのスタンドや街灯、ベンチがあり、対岸のフランス学士院も見える。
CHANEL 文学の街、パリへのオマージュを込めて、セーヌ川沿いの風景を再現。
 
CHANEL 文学の街、パリへのオマージュを込めて、セーヌ川沿いの風景を再現。
グレーのラグランスリーブジャケットとロングタイトスカートのスーツや、ツイードのスーツ、スタンドカラーのセットアップなど、オープニングはIラインシルエットのスーツが並んだ
ゴヤール トートバッグ コピー
スーツの多くに共通するデザインポイントが、ジャケットの袖とスカートのサイドスリットにあしらわれたブレードとジッパーだ。オケージョンによって開閉できるコンバーチブルなスーツで、ジッパーを開けてスリットからロンググローブやシフォンブラウスを見せたり、ミニスカートを見せることができる。ブラックツイードのスーツは、ジップを開ければ愛らしいピンクのライニングが覗く。足もとはショートブーツ。ポンパドール&リーゼントのヘアスタイルとともに強さを感じる。
CHANEL 文学の街、パリへのオマージュを込めて、セーヌ川沿いの風景を再現。
 
CHANEL 文学の街、パリへのオマージュを込めて、セーヌ川沿いの風景を再現。
 CHANEL 文学の街、パリへのオマージュを込めて、セーヌ川沿いの風景を再現。
シルバーグレイなどグレイッシュカラーが多く、きれいな色が少ないのは、ラガーフェルドにとって「パリはペールグレーの街だから」。プリーツが美しいシフォンブラウスとスカートもペールグレーだ。
ジゴ袖が特徴的なスタンドカラーのブラウスとスカートには、宝石のようなビーズや布片が繊細にあしらわれている。胸もとと袖、ヘムラインのフェザーが贅沢なドレス、シークインスやビジューが煌めくドレス。ネップヤーンとパールでカモフラージュ柄のようなハーフスリーブジャケットとロングスカートのスーツ、シフォンをたっぷりつかったドレスなど、シャネルが誇るメティエダール アトリエの職人技によって生み出されている。
フェンディ スーパーコピー
PR

コメント

プロフィール

HN:
tyoshu
性別:
非公開

P R